婚活が目的のイベントには様々なカテゴリのものがあります

結婚活動が目的でするイベントというものでは、通常は男性は結婚するために波長の合う女性を探・・

  • 結婚活動が目的でするイベントでは、通常は男性は好みの女性を探しに来て、女性のほうはというと男性を探ししに来ているもの、というのが前提にはなっています。ですが、ビックリすることに、同性に声を掛けられることがある。そのわけはなぜか、異性に関心がある感じの目線ではなく、こいつは結婚相手を探しに来ているわけではなく同性の相手を見つけに来ていると(婚活の場なのに・・・)はっきり断言できる時がある。非常に稀なことですが、過去に1~2組、目にしたことがありますが、異性の相手とではなく、同性と会場を出てそのままラブホに入っていく光景を目にしたことがあります。そういうことも、稀ではあってもあるので同性狙いの人からのアプローチには注意したいものです。

 

婚活していくなら最も重要なのは、ある程度、計画性をもって行動する、ということです。

  • 結婚活動をするなら重要なことは、ある程度は計画を立てて行動することです。そうするのが良い結果につながります。しっかり計画を練ってから行動に移せる人は、婚活市場でも良い成果が出やすいものです。まずは、婚活する期間を決め、それから、婚活に充てることができる予算も大まかでかまいませんから設定しておきましょう。結婚活動をしている間は、物事が思うように進まないときもあります。そういった状況が続けば心が安定しなくなるときがあり、何も考えていないと、ゆっくりと悪い方向に入るリスクが可能性が高くなります。婚活は、勢いも必要です。それとは反対に、トントン拍子で良いことが起こることだってあります。そのとき、そのチャンスをものにできるように、しっかりと計画したうえで、婚活していきましょう。

 

「人は外見じゃない」なんて言われますが、これは正しいし、また間違いでもある、と思います。

  • 「人は見た目じゃない、中身だ」と言われますが、これは正しいし、また間違いでもある、と思います。結婚する相手だとしたら、絶対に中身(性格・価値観など)は重要です。しかしながら、残念なことに心理学の観点では人というのは見た目で相手を判断し、おまけにその後の評価にもつながるとされているのです。(しかも出会って数秒でです)つまり、自分の意思とは関係なく相手に対する印象が決まってしまうということです。そのため、結婚活動(婚活)は、まずは、好印象を相手に与える、ということが大切なのです。いつも派手な色の服、ブランド物のバッグを持っていたとしたら、常識的に考えるとお金持ちの女性でなかったら引いてしまうかもしれません。求めるパートナーがそんな系統なのであれば、何も問題は無いのですが、あなたが普通の女性をパートナーにしたいのなら、相手の女性と同じ普通の格好のほうが良いケースもたくさんあるのです。そのままの自分でも婚活ではチャンスはある、ということです。

 

いつもの私は、とても明るいほうで、ポジティブなタイプですし…

いつもの私は、明るいですし、ハキハキした受け答えをします。結婚活動でするパーティーでは、遠慮がちな物静かな雰囲気の女の子になりきってみたかったけど、これが結構難しいんです。やってて普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと感じることもありました。しかしたった一度だけ、知り合いに会う心配のない結婚活動目的のイベントに参加した際は、最後まで演じることができたんです。周りが知らない人という安心感もあり、勇気を出して、「聞き上手」な内気な女性になってみました。普段の私は、かなり話すようにしていましたが、自己紹介タイムからフリータイムまで自分から話す事をしないで、男性が話しているのを笑顔で聞くだけ、という実にシンプルな方法にしてみました。自分と正反対なキャラクターが良い結果を出すことにつながりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Web サイト